掛軸のことなら「信頼・品質・丁寧」の人形の藤娘へ

トップ > 掛 軸

掛 軸

日本の四季を楽しむ-藤娘

掛軸を楽しむ

掛軸は元来、礼拝用に用いられておりましたが、その画風が水墨画に変わった頃から一般的に広がりはじめ、 仏具として用いられる掛軸と、絵画を愛でる芸術的な掛軸がそれぞれの意味を持ち発展し今に伝わったとされています。
こういった歴史背景から掛軸を芸術の観点から楽しむ愛好家もすくなくありません。
掛軸を床の間に飾る情緒ある風景を楽しむのも日本の伝統文化に触れるひと時となるかもしれませんね。
当店では、名作物、作家物等多数品揃えしておりますので、お気軽にお問い合わせください。

<店内展示期間> 9月中旬~10月下旬

掛軸の表装・修理など承ります。

長年、床の間に飾られていた掛軸や額は年月が立つにつれ色あせるものです。また、使わなくなった掛軸をたんすや押し入れにしまっておいたら、虫食いやシミになってしまう事がよくあります。
思い出のある大切な掛軸はいつまでも大事にしたいものです。
当店では掛軸の表装、虫食いやシミ・色褪せてしまった掛軸の修理も行なっております。経験を積んだ職人が心を込めて丁寧にお仕立て・修理をさせて頂きます。お気軽にお問い合せ下さい。

大切な掛軸や屏風を職人が心を込めて丁寧にお仕立て、修理致します。

修理風景
掛軸表装

シミや汚れが全体的に付着し、裂地にも虫食いがある掛軸も、表装する事でシミや汚れが取れ、作品の素材の色合いを戻しきれいに蘇ります。

一般表装(未表装作品の表装)
一般表装(未表装作品の表装)
古軸の〆直し(仕立替)
古軸の〆直し(仕立替)
古軸の〆直し・しみ抜き
古軸の〆直し・しみ抜き
屏風表装・張替

屏風の表装や古いものの仕立て直しも行っております。
お客様のご要望や作品に合わせたお仕立ても行います。
また、用途やお好みに合わせてサイズも幅広く対応しております。

屏風表装・張替イメージ
巻物

傷みの気になる巻物の仕立てなども行っております。
お気軽にお問い合わせください。

巻物イメージ
四国八十八ヶ所、西国三十三ヶ所などの掛軸表装

四国八十八ヶ所、西国三十三ヶ所、秩父三十四ヶ所、坂東三十三ヶ所など、お遍路さんの思いの詰まった集印を心込めて表装いたします。

掛け軸イメージ
御影札額・御影札屏風

御影札額や御影札屏風などの仕立て・表装なども行って
おります。お気軽にお問い合わせください。

御影札額
御影札額
御影札屏風
御影札屏風

掛軸用小物〈風鎮・矢筈・自在〉

風鎮(ふうちん) 2,100 円~

掛軸の軸先に付ける錘です。「風を鎮める」という字の如
く、掛軸が風に揺れないようにするためのもので飾りと
しての意味合いも強い物です。

矢筈(やはず) 1,620 円~

踏み台などを使わず手の届かない高い所に掛軸を掛ける
道具です。一つあると大変重宝する小物です。

自在(じざい)2,160 円~

掛軸の長さに合わせて掛ける高さを調整することができます。

風鎮は掛軸を格調高く演出し、矢筈や自在は、ひとつ揃えておかれるととても便利な小物です。

涼やかな夏の
風物詩などの
掛軸を揃えました。

朝顔、川蟬、鮎、滝などの
夏の床の間を涼しく演出してくれる
夏物の掛軸を多数品揃え致して
おります。
専門スタッフが親切丁寧に
アドバイスもさせて頂きます。
是非、この機会にお越しください。

藤娘がおとどけする掛軸

法事・法要・お盆などにお勧めの掛軸

お盆やお彼岸には、心安らぐ仏事用掛け軸を飾って、 穏やかな気持ちでご先祖様をご供養しましょう。
お盆になると、床の間に「名号」や「十三仏」などの掛軸を飾ります。

六字名号

南無阿弥陀仏の六字は名号の中でも最も尊重され、
本尊として用いられます。

真言十三佛

初七日から三十三回忌まで、十三回の追善供養をつ
かさどる十三佛をおさめた逸品です。

迎春・長寿・結納などお祝い事にお勧めの掛軸

お祝いの場(還暦・喜寿・米寿)、結婚・結納、お正月などに飾ります。
おめでたい席を美しく華麗に演出します。

高砂

おじいさんの熊手には「福をかき集める」、おばあさんのほうきには「邪気を払う」という意味があり、 夫婦円満、健康長寿、無病息災等の意味が込められています。

飛 翔

「神秘の鳥」「幸運のシンボル」とされており、「鶴は 千年」といわれ長寿を象徴し、夫婦仲が大変良く一 生を連れ添うことから夫婦鶴といわれています。

初めて掛軸を掛けられる方にお勧めの掛軸

季節を問わず掛けられ、初めて掛軸を掛けられる方にもおすすめです。
金運上昇、長寿、家運降盛の縁起物として人気があり、水墨画山水や四季花なども年中掛けにあたります。

四季花

四季折々の縁起の良い花を描いた日常掛けです。

水墨山水

世間のしがらみから遠く離れた、心穏やかな世界を 意味しています。谷間にひっそりと佇む「庵」は、 描き手が思い描く「終の住みか」です。

季節を感じたい方にお勧めの掛軸

四季折々の花鳥、春は桜やウグイス、夏はあさがお、秋はコスモスや小鳥、
冬は南天など四季ごとに掛け替えて楽しまれてはいかがでしょうか。

ひょうたん

ひょうたんが、六つ揃えば無病息災といわれ、難病で苦しんでいた人が健康になったともいわれています。 「雀」は好き嫌いなく何でも食べつくしてしまうことから災難を食べつくすといわれています。

朝 顔

季節のお花で縁起が良いとされています。

床の間をオシャレに飾りたい方にお勧めの掛軸

赤富士

赤く染まった富士は縁起のよい象徴として描かれており、作者は広島出身「奥田玄宗」のお弟子の「加藤智」です。

六瓢

六つの瓜で六瓢になります。無病とかけて病を患わないようにという意味が込められています。


その他の掛軸も沢山取扱っておりますので是非ご相談ください。

宇品店 〒734-0004 広島県広島市南区宇品神田4丁目2-1 TEL(082)252-0299(代) FAX(082)252-1800

八木店 〒731-0101 広島県広島市安佐南区八木1丁目20-14 TEL(082)873-1199(代) FAX(082)873-1355



Copyright(C)2013 Fujimusume Co.,ltd. All rights reserved.